スポンサードリンク

37位:Coco 壱番屋

「なんだかんだ言って高い」

「なんだかんだ言って高い」

設立: 1982年7月1日, 愛知県 一宮市

”ココイチ”という愛称で親しまれているCoco 壱番屋は、日本国内に1260店舗、海外に139店舗もある日本一のカレーチェーン店です。魅力は何と言っても、トッピングの種類の豊富さと、組み合わせの自由さで、定番のカレーが味が良いのはもちろんのこと、多種多様なトッピングが楽しめます。一部の人たちからは「なんだかんだ言って高い」「あれだけ高くてなぜつぶれないのか不思議」などと言われています。

36位:イタリアントマト

「コーヒーや食事は、決して美味しいとは思えない」

「コーヒーや食事は、決して美味しいとは思えない」

設立: 1977年

イタリアントマトは、イタリア料理を主に全国に展開している人気チェーンです。1980年代以降「イタトマ」の愛称で呼ばれて親しまれています。そんなイタリアントマトのコスパが悪いと言われる理由は「コーヒーや食事は、決して美味しいとは思えない」「パスタはレトルトを疑うレベルだった」などがあげられます。

35位:ブロンコビリー

「値段と味のバランスが微妙」

「値段と味のバランスが微妙」

設立: 1983年12月26日

ステーキハウス ブロンコビリーは1978年に創業、愛知県発祥のステーキ・ハンバーグ専門店です。近年では関東エリア、関西エリアにも積極的に出店を行っています。そんなブロンコビリーのコスパが悪いと言われる理由は「同じビーフ100%のハンバーグステーキをいただくならココスのビーフハンバーグステーキの方がコスパが良く満足度が高い」「値段が高いので頻繁にいけない」「値段と味のバランスが微妙」などがあげられます。

34位:すき家

「トッピングやアラカルトを一緒に頼むと、結局定食くらいの料金になる」

「トッピングやアラカルトを一緒に頼むと、結局定食くらいの料金になる」

設立: 1982年11月, 神奈川県 横浜市

すき家は、ゼンショーホールディングス傘下の株式会社すき家が運営する牛丼チェーン店で、47都道府県・日本国内店舗数最多の合計1,930店舗を展開しています。そんなすき家のコスパが悪いと言われる理由は「トッピングやアラカルトを一緒に頼むと、結局定食くらいの料金になる」「牛丼にしてはややコスパが悪い」などがあげられます。

33位:ジョナサン

「味と価格が比例していない」

「味と価格が比例していない」

設立: 1979年5月

ジョナサンは、株式会社すかいらーくレストランツが運営する都市型ファミリーレストランチェーンで、安価なメニューが豊富にあり、家族連れでも気軽に利用することができるファミリーレストランとして人気を博しています。そんなジョナサンのコスパが悪いと言われる理由は「味と価格が比例していない」「ランチややモーニングのか価格ならば納得ですが、ディナータイムにわざわざ家族で行くほどではない」などがあげられます。

32位:てんや

「もっと行き届いたサービスがあればコスパに優れていると言える」

「もっと行き届いたサービスがあればコスパに優れていると言える」

日本でも唯一といわれる天丼チェーン店の「てんや」は、1989年の創業以来、着実に店舗を増やし続けている人気チェーン店です。そんなてんやのコスパが悪いと言われる理由は「料理以外のサービスの部分で不満が残る」「もっと行き届いたサービスがあればコスパに優れていると言える」などがあげられます。

31位:ペッパーランチ

「商品画像と実際の商品のギャップがありすぎて騙された感がある」

「商品画像と実際の商品のギャップがありすぎて騙された感がある」

本社所在地:東京都江東区亀戸2丁目27番7号; FORECAST亀戸5階
創設者: 一瀬邦夫
設立: 1994年

ペッパーランチ は、株式会社ホットパレットが展開するステーキ専門の飲食店チェーン。 ステーキや、飯と薄切りにした牛肉を鉄板の上で焼く「ペッパーライス」を主に提供しています。そんなペッパーランチのコスパが悪いと言われる理由は「基本的に味が濃く、どのメニューを頼んでもどれも似たような味」「商品画像と実際の商品のギャップがありすぎて騙された感がある」などがあげられます。

30位:吉野家

「ライバルチェーンと比べても割高」

「ライバルチェーンと比べても割高」

本部所在地: 東京都 中央区
設立: 1899年

吉野家は、東京都中央区に本社を置く日本の大手外食チェーンストアで、牛丼を主力商品とする牛丼屋です。吉野家のコスパが悪いと言われる理由は「主力商品である牛丼並盛りをベースとしたセットを注文した場合、他の2社ではワンコインで足りるが、吉野家のみクーポンを利用してもワンコインでは済まない。」「他の牛丼チェーンと比べても味が劣る」などがあげられます。

29位:モスバーガー

「お腹いっぱいになろうとするとどうしても1200円以上の支出になってしまう」

「お腹いっぱいになろうとするとどうしても1200円以上の支出になってしまう」

本部所在地: 東京都 品川区
設立: 1972年7月21日

日本国内のハンバーガーチェーンにおいて、マクドナルドに次いでシェア第2位を誇るモスバーガーは、オーダーを受けてから調理するスタイルが特徴的で、さらにはバンズの代わりにお米を使った「ライスバーガー」や、同じくバンズの代わりにレタスを使った「モスの菜摘」など、独自のメニュー展開も人気となっています。そんなモスバーガーのコスパが悪いと言われる理由は「昔と比べてハンバーガーがひと回り小さくなっている気がする」「お腹いっぱいになろうとするとどうしても1200円以上の支出になってしまう」などがあげられます。

28位:ゆでたろう

「一般家庭でも作れるような味のクオリティ」

「一般家庭でも作れるような味のクオリティ」

本社所在地:〒143-0016 東京都大田区大森北4丁目3番6号 信越ビル
設立:1982年5月

最大の特徴として、蕎麦の「三たて」(挽きたて、打ち立て、茹でたて)を徹底するため、店舗で粉から製麺していることが挙げられます。ゆで太郎システムの店舗では、茹で置きをせずに注文後に茹でたてを提供しています。そんなゆでたろうのコスパが悪いと言われる理由は「一般家庭でも作れるような味のクオリティ」「他のチェーン店と比較するとわざわざ利用したいとは思わない」などがあげられます。

スポンサードリンク

27位:一風堂

「味は悪くないけれど、値段の割りに麺の量が少ない」

「味は悪くないけれど、値段の割りに麺の量が少ない」

一風堂のとんこつスープは、「口あたりがなめらかで、豚骨の旨味や香りが高くまろやか」、そして「臭みがない」という点が特徴です。 この「臭みがなく飲みやすい」一風堂のスープが生まれたのは、一風堂創業時の約36年前の1985年にさかのぼります。そんな一風堂のコスパが悪いと言われる理由は「味は悪くないけれど、値段の割りに麺の量が少ない」「ラーメンの具も少ないし、他のチェーン店のラーメン屋のほうがコスパがいいと思う」などがあげられます。

26位:鎌倉パスタ

「1品の商品のお値段が1000円を超えるものが多い」

「1品の商品のお値段が1000円を超えるものが多い」

鎌倉パスタの生パスタはツルツルのもっちもち感が特徴です。 生麺はソースとよく絡みクリームパスタとの相性抜群です。 対して、乾麺は麺を乾燥させているため、歯切れが良くオイルパスタ系によく合う麺です。 生スパゲティとは、細麺で、鎌倉パスタの濃厚ソースによく絡み、乾麺では味わえないしっかりした弾力のモチモチ食感が特徴です。そんな鎌倉パスタのコスパが悪いと言われる理由は「1品の商品のお値段が1000円を超えるものが多い」「毎日通える価格ではない」などがあげられます。

コスパが悪い外食チェーンランキングTOP25-1

25位:サブウェイ

「注文が手間だと行きにくい」

「注文が手間だと行きにくい」

本部所在地: アメリカ合衆国 コネチカット州 ミルフォード
設立: 1965年8月28日

サブウェイは、アメリカに本社を置くファーストフードチェーン店です。サブマリンサンドイッチという長楕円形のサンドイッチを主力商品としており、世界店舗数は約3万9000店と、マクドナルドの約3万4000店を超える世界最大の飲食店チェーンでもあります。そんなサブウェイのコスパが悪いと言われる理由は「注文が手間だと行きにくい」「海外のサブウェイと比べるとコストパフォーマンスが悪い」などがあげられます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

嫌いな牛丼チェーン店8選!不人気ランキングと理由【最新決定版2022】

安くて早い牛丼チェーンですが、嫌いな人がいるのも事実です。そこで今回は、嫌いな牛丼チェーン店を不人気順にラン…

maru.wanwan / 156 view

スポンサードリンク

この記事を書いたライター

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

コスパが悪いカフェチェーン店ランキング15選【最新決定版2022】

近年スターバックスやドトールなどカフェチェーン店が数多く展開していますが、コスパが悪いと感じた店はありません…

maru.wanwan / 2135 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク