スポンサードリンク

昭和時代の嫌いな曲 不人気ランキングTOP100-51

出典:YouTube

100位:ひとりじゃないの / 天地 真理

「ひとりじゃないの」は、1972年5月21日に発売された天地真理の3枚目のシングルです。「女性アイドル」の概念を世間に確立させたと言われる、天地真理の現時点で最大のヒットシングルです。しかし当時はそれほど高い評価は得ていませんでした。

出典:YouTube

99位:ときめき / 麻丘めぐみ

「ときめき」は、麻丘めぐみの通算7枚目のシングルです。「わたしの彼は左きき」と同じく、作詞:千家和也、作曲:筒美京平による作品で、オリコン年間チャートでは71位でした。

出典:YouTube

98位:時代/中島みゆき

「時代」は、中島みゆきが作詞・作曲した歌で、1975年に中島自身によって発表され、同年に中島の2作目のシングルとしてキャニオン・レコードからリリースされました。この曲は日本の歌百選に選ばれていますが、一部のファンからは「中島みゆきの歌い方が怖い」などと言われています。

出典:YouTube

97位:さよなら / オフコース

「さよなら」は、1979年12月1日に発売されたオフコース通算17枚目のシングルです。オフコースの代表曲となりましたが、一部のファンからは、「寂しすぎる歌」と言われています。

出典:YouTube

96位:親父の一番長い日 / さだまさし

「親父の一番長い日」は、シンガーソングライターさだまさしが1979年10月12日に発表したシングルで、この曲を原案としてテレビドラマ化もなされています。

出典:YouTube

95位:探偵物語 / 薬師丸ひろ子

「探偵物語」は、薬師丸ひろ子通算2枚目のシングルで、1983年5月25日に東芝EMIより発売されました。映画『探偵物語』の主題歌に起用されて話題になりましたが、その後はパッタリと聴かなくなりました。

出典:YouTube

94位:魔法の黄色い靴 / チューリップ

「魔法の黄色い靴」は、チューリップの楽曲で、メジャーデビューシングルとして1972年6月5日にリリースされました。業界関係者には高い評価を得たものの、地元・福岡以外では売れず、全国的なヒットには結びつきませんでした。

出典:YouTube

93位:青春のいじわる / 菊池桃子

「青春のいじわる」は、1984年4月21日にリリースした菊池桃子のデビュー・シングルで、資生堂「ヤング化粧品」イメージソングに起用されました。

出典:YouTube

92位:禁じられた恋 / 森山良子

「禁じられた恋」は、1969年3月25日にフィリップス・レコードからリリースされた森山良子のシングル、及び同シングルの収録曲です。「禁じられた恋」の曲調は1953年に織井茂子の歌唱によりヒットした「黒百合の歌」(作詞:菊田一夫、作曲:古関裕而)をモチーフにしたとされています。

出典:YouTube

91位:青葉城恋唄 / さとう宗幸

「青葉城恋唄」は、仙台城(青葉城)の城下町を基礎に発展した宮城県仙台市の風景を用いた、星間船一による失恋の叙情詩で、さとう宗幸によってイ長調の曲が付けられ歌謡曲となりました。

出典:YouTube

90位:1986年のマリリン / 本田美奈子.

「1986年のマリリン」は、1986年2月5日に発売された本田美奈子の5枚目のシングルです。2005年11月6日に本田が38歳で亡くなった際の訃報記事の多くが「1986年のマリリン」と共に悲しみを伝えなど代表曲となっています。しかし一部のひとたちからは、過激な衣装とダンスに批判が集まりました。

出典:YouTube

89位:長い夜 / 松山千春

「長い夜」は、松山千春が1981年4月21日にリリースした10枚目のシングルです。フォークソングが多い松山の楽曲の中では異色のロック風であったためか、スタッフの間にイメージが違うとシングル発売に反対する意見があったそうです。

出典:YouTube

88位:赤い風船 / 浅田美代子

「赤い風船」は、1973年4月21日に発売された浅田美代子のデビューシングルで、レギュラー出演していたTBS系ドラマ『時間ですよ』の劇中で歌われた楽曲です。

スポンサードリンク

出典:YouTube

87位:瑠璃色の地球 / 松田聖子

「瑠璃色の地球」は、1986年に発表された松田聖子の楽曲で、松田が妊娠中にレコーディングされた曲であり、同年10月1日に誕生した子供が神田沙也加でした。

出典:YouTube

86位:黄昏のモノローグ / 今井美樹

「黄昏のモノローグ」は、1986年5月21日にリリースした今井美樹の1枚目のシングルです。日本テレビ系ドラマ『妻たちの初体験』主題歌に起用されていますが、週間オリコンヒットチャートでは37位という結果でした。

出典:YouTube

85位:恋する夏の日 / 天地真理

「恋する夏の日」は、1973年7月1日に発売された天地真理の7枚目のシングルです。天地はこの曲で、週間オリコン1位獲得週23週・オリコン1位獲得5作品という当時歴代最高の記録を残していますが、その後は昭和の名曲とまではいきませんでした。

出典:YouTube

84位:22才の別れ / 風

「22才の別れ」は、あるかぐや姫の楽曲で、1975年2月5日にリリースされました。元々は「かぐや姫」の伊勢正三が1974年のアルバム『三階建の詩』のために書いた2曲のうちの1曲(もう1曲は「なごり雪」)で、シングルカットの要望が出るなど当初から評価は高かったものの、当初はかぐや姫のシングルとしてはリリースされませんでした。

出典:YouTube

83位:街が泣いてた / 伊丹哲也 side by side

「街が泣いてた」は、1980年11月28日にリリースした伊丹哲也 & Side By Sideのデビューシングルです。1980年の『第19回ヤマハポピュラーソングコンテスト』と『第11回世界歌謡祭』グランプリを受賞していますが、オリコン週間チャートでは19位にとどまりました。

出典:YouTube

82位:神田川 / かぐや姫

「神田川」は、かぐや姫が歌った日本のフォークソングで、1973年9月20日にシングルレコードが発売されました。喜多條忠が、早稲田大学在学中に恋人と神田川近くのアパートで暮らした思い出を歌詞にして、青春の悲しみが若者の共感を呼んでヒット曲となりました。しかし一部のひとたちからは、「時代錯誤」などと言われています。

出典:YouTube

81位:シクラメンのかほり / 布施明

「シクラメンのかほり」は、1975年4月10日に発売された布施明のシングルで、シンガーソングライターの小椋佳が第一勧業銀行赤坂支店に勤めていた際、取引先の会社で休憩していた時に見た、自身には馴染みのない花であったシクラメンをヒントに思い浮かんだものとされています。

出典:YouTube

80位:折鶴 / 千葉紘子

「折鶴」(おりづる)は、安井かずみが作詞、浜圭介が作曲を担当した千葉紘子の3枚目のシングルです。当初、人気絶頂の小柳ルミ子に楽曲提供される予定でしたが、急遽千葉紘子に変更され、週間オリコンヒットチャートでは9位を記録。しかし周囲からは小柳ルミ子だったら間違いなく1位だったと言われています。

出典:YouTube

79位:りばいばる / 中島みゆき

「りばいばる」は、1979年9月21日に発売された中島みゆきの7作目のシングルで、オリコンチャートでは週間11位、年間61位と中島みゆきにしてはそれほどヒットしなかった曲でした。

出典:YouTube

78位:都会 / ザ・タイガース

「都会」は、ザ・タイガースの1970年3月30日にリリースした13枚目のシングルで、ハプニングス・フォーのクニ河内が作曲を担当しています。

出典:YouTube

77位:銀の指環 / チューリップ

「銀の指環」は、1974年1月20日に発売されたチューリップの通算5枚目のシングルで、これまでのシングルとは異なるアップテンポな仕上がりが一部のファンから批判を浴びたそうです。

出典:YouTube

76位:きんぽうげ / 甲斐バンド

「きげんぽうげ」は、1977年リリース、甲斐バンドの4枚目のオリジナルアルバム「この夜にさよなら」収録曲で、甲斐バンドのライブでは定番のオープニングナンバーとして認知されています。

出典:YouTube

75位:ハイティーン・ブギ / 近藤真彦

「ハイティーン・ブギ」は、1982年6月30日に発売された近藤真彦の7作目のシングルレコードです。近藤真彦主演映画「ハイティーン・ブギ」の主題歌として知られています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

MOONCHILDの嫌いなメンバー・不人気ランキング【最新決定版2024】

三代目 J SOUL BROTHERSの登坂広臣のソロプロジェクトにより誕生したガールズグループの「MOON…

maru.wanwan / 3614 view

低身長の男性歌手&ミュージシャン25選!イケメンランキング【最新決定版2024】

高身長のイケメン歌手&ミュージシャンだけでなく、身長の低いイケメン歌手&ミュージシャンたちも女性たちからの注…

kent.n / 11940 view

路上ライブ出身のアーティスト/歌手60選!人気ランキング【最新決定版2024】

この記事では、路上ライブ出身のアーティスト・歌手を人気ランキング形式でご紹介します。名曲をたくさん聴いて充実…

kent.n / 16504 view

嫌いな日本人ギタリスト・不人気ランキング60選!男性女性別【最新決定版2024】

ロックバンドなどでも人気のポジションと言われているギタリストですが、嫌いなギタリストについての書き込みも目に…

maru.wanwan / 10398 view

BE:FIRSTメンバーの身長と体重は?スタイルが良い順ランキング【最新決定版202…

飛ぶ鳥を落とす勢いのBE:FIRST(ビーファースト)ですが、スタイルが1番良いのは誰なのでしょうか?今回は…

rirakumama / 6107 view

BE:FIRSTの嫌いなメンバー・不人気ランキング!身長やカラーなどプロフィールも紹…

SKY-HIが主催するボーイズグループのオーディション番組『THE FIRST』から誕生した「BE:FIRS…

maru.wanwan / 11754 view

嫌いな女性歌手ランキング35選!理由付きで紹介【最新決定版2024】

ドラマやCMなどのタイアップ曲を歌うなど多くの女性歌手・シンガーソングライターが活躍していますが、中には嫌わ…

maru.wanwan / 11132 view

この記事を書いたライター

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

BE:FIRSTの嫌いなメンバー・不人気ランキング!身長やカラーなどプロフィールも紹…

SKY-HIが主催するボーイズグループのオーディション番組『THE FIRST』から誕生した「BE:FIRS…

maru.wanwan / 11754 view

嫌いな女性歌手ランキング35選!理由付きで紹介【最新決定版2024】

ドラマやCMなどのタイアップ曲を歌うなど多くの女性歌手・シンガーソングライターが活躍していますが、中には嫌わ…

maru.wanwan / 11132 view

嫌いな日本人ギタリスト・不人気ランキング60選!男性女性別【最新決定版2024】

ロックバンドなどでも人気のポジションと言われているギタリストですが、嫌いなギタリストについての書き込みも目に…

maru.wanwan / 10398 view

KILLT MELT LANDの嫌いなメンバー・不人気ランキング【最新決定版2024…

2023年にデビューの椎名ひかり・藤城リエ・山吹りょう・YonoMe・MRKMの5人組バンドの「KILLT …

maru.wanwan / 1657 view

路上ライブ出身のアーティスト/歌手60選!人気ランキング【最新決定版2024】

この記事では、路上ライブ出身のアーティスト・歌手を人気ランキング形式でご紹介します。名曲をたくさん聴いて充実…

kent.n / 16504 view

BE:FIRSTメンバーの歌唱力・歌が上手いランキングTOP7【最新決定版2024】

2021年にデビューを飾った7人組のボーイズグループであるBE:FIRST(ビーファースト)。この記事では、…

kent.n / 4867 view

MOONCHILDの嫌いなメンバー・不人気ランキング【最新決定版2024】

三代目 J SOUL BROTHERSの登坂広臣のソロプロジェクトにより誕生したガールズグループの「MOON…

maru.wanwan / 3614 view

スポンサードリンク

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

"); } })(jQuery);